自民党のWebサイトがとてもおもしろいことをやっていたのでご報告。

最近、ちょっとアホッぽいネタが続いたのでここらへんで軌道修正。

政権奪還にかける意気込みの違いでしょうか。自民党のWebサイトがとてもおもしろい取り組みをやっています。ビビッと来たポイントが3点ほどありましたのでご報告。

ld1.png
1)居住エリアの自動判別による候補者の表示切替
2)GoogleAdWordsのリマーケティング機能による露出強化
3)効果測定システムの使用

順に説明します。


1)居住エリアの自動判別による候補者の表示切替



これは、サイトを訪れて見たらすぐに分かります。

サイトのトップページを見ると、右カラムに大阪の候補者が表示されています。

ld.png

僕からは自民党側には自分の住所のことは教えていないので、おそらく僕のアクセス元のIPアドレスの住所から大阪であることを判別して、大阪の候補者を表示させているのでしょう。

試しにフリーのゲイトウェイサービスを経由してアクセスして見たところ、今度は東京の候補者が表示されました。

サイトのソースを見てみると、docodoco.jpドメインがあったので、そこから少し情報収集してみると、サイバーエリアリサーチ社のASP型のエリアターゲティングサービスを利用していることまでは分かりました。

ここのサービスを利用することでアクセス元の住所が分かるので、その県で立候補する予定の人間の情報を出し分けしているのでしょう。

いきなりピンポイントで自分に関係のある立候補予定者の情報が出るので、あまり関係のないの他の地区の候補者を出すことよりかは刺さりやすいと思います。いまふうに言えば「自分事」度が高い。

自分のクライアントさんでも地域性を考慮したWebマーケティングをやる機会があったけど、こういう活用方法は思いつきませんでした。

住所というのは情報の受け手として非常に「自分事」化しやすいネタかもしれませんね。


2)GoogleAdWordsのリマーケティング機能による露出強化



これは全然関係のないブログを見ていたら、自民党のバナー広告がAdsenseエリアに表示されていたので気付きました。

blogsample.png

念のため、これもサイトのソースを見てみると、Googleのリマーケティングタグが見えたので、間違いなくAdWordsでリマーケティングをしていると思います。

リマーケティング、リターゲティング広告が何か分からない人のために、念のため説明しておくと、追跡側の広告の一つの手法になります。

たとえば、まずあなたがAというWebサイトを訪れたとします。Aを離れた後、今度は別のBというサイトを見ている時に、Aに関する広告がBに表示されます。今度はまた別のCというサイトでもAに関する広告が表示されます。

これはあなたがAというWebサイトを訪れたということが広告サービスの提供元(今回だとGoogle)に履歴として残り、この種の広告を表示させることに予め同意しているサイト(ブログやニュースサイトを始めありあらゆるサイト)をあなたが訪れた際に、Aの広告を自動で表示させる仕組みです。

楽天のあるショップを訪れたらずっとそのショップの広告が目につくことがないですか?あれも仕組みは一緒です。

仕事柄、注文や申込みを獲得するために、リマーケティング、リターゲティング広告は人とおり使用しましたが、獲得に重点を置いたは場合は、正直思うようなコストパフォーマンスを得られませんでした。

今回の自民党のようにサイトを一度訪れた方をターゲットとしたフリークエンシー稼ぎのほうが、リマーケティング、リターゲティング広告の活用としては正しいのかもしれませんね。

すなわち、具体的なゴールへの誘導よりも、認知拡大や想起喚起を目的とした露出強化には向いていると思います。


3)効果測定システムの使用



1)と2)の確認でソースを見ているときに気付きました。自民党はADPlanというWeb広告の効果測定システムを使用しているようです。

Web広告の効果測定システムと言えば、ADebisかADPLANのほぼ2択しかないです。

ADPLANを使用しているからこういうことが分かるというよりも、効果測定システムを活用しているということは、少なくともこのサイトおよび一連のマーケティング活動においてPDCAをまわすという概念があるのでしょう。

これは、そういった志向を持っていること自体が新鮮でした。

思うに、最近の安部総裁のFacebook贔屓を始め、以前よりWebの活用度合いがより戦略的になってきているのではないかと推測しています。そこには今後のネット上の選挙活動の解禁を目論んでの動きもあるのでしょうあ。

他の政党のサイトもチェックしましたが、そこまで戦略的な意思は感じられませんでした。

ちなみに、自民党の政権公約のページはスゲェカッコイイです。画面をスクロールするとビュンビュン、テキストが流れていきます。

と、ここまで書くと自民党シンパかと思われるかと思いますが、そんなことはなく、引き続き16日まで熟考を続けたいと思います。



おまけ。

日本維新の会からリンクされていて知りました。「楽天政治」なんていう献金プラットフォームが出来てたんですね。まったく知りませんでした。
でも、他に名前のつけようはなかったのでしょうか。楽天政治って……。

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心