ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qは現時点で最高の“ハイコンテクスト映画”

遅ればせながら、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを観てきました。

公開直前に金曜ロードショーで新劇場版の序、破を2週連続でやっていたのにまんまとハマッテしまったクチです。

q
録画していた序、破をQが公開された土日に何の気なしに観たところ、破の旧劇場版からのあまりの変わりっぷりに驚くとともに、続きが気になって気になってしょうがなくなってしまったんです。

序、破が公開された頃は、テレビ版と旧劇場版の単なる総集編と思っていたので、あんな新キャラが破に追加されているなんてこともまったく知りませんでした。

観劇済みの同僚数人からはネタバレしそうになる感想が耳に入りそうになるたびにかたくなに耳を閉じて、期待感マックスにして連休前の木曜の夜にレイトショーで観てきましたよ。

観た結果、最近やたらとネット上でQに対する論評が多いわけに納得しました。

Qを観た人はそれが好意的な反応であろうと否定的な反応であろうと、何かを語りたくてたまらない欲求を巻き起こさせる傑作であることは間違いないでしょう。

破からいきなり14年が経ってしまっている設定や全く説明されない主要登場人物達の変化といったストーリーの背景に対する一人ひとりの推測や想像はもちろん、何故、制作サイドはあのような内容で公開したのかという意図まで、映画を見終わった途端にその考察の幅はどんどん広がっていきます。

僕自身はあの設定は、巷間に流布しているループ説などではなく、あのままの設定で続く最終作に突き進んで欲しい、いやきっとあのままの話が続くはずだろうと思っています。

それにもまして僕自身がこのQに関して思うことは、この個々の視聴者にこういうふうに語らずにおれないモヤモヤとした何かを産みつける制作サイドの作為が僕は本当に凄いなと思います。

思えば、テレビ版の最終話および旧劇場版とも、エヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン)は常に受け手に考えることを強いてきた作品だったと思います。

そんな旧劇場版から14年。いまはネット上にはブログを始め、twitterやFacebookなど、誰でも自分の思うところを吐き出せる場所が溢れかえっています。こういう場所が隆盛を誇っているいまという時代に、Qはもうまたとないエサなんではないでしょうか。

かつて村上隆氏が映画「ノルウェイの森」をして脳のドーパミン汁がほとばしる“ハイコンテクスト映画”と言っていたけど、僕はこのヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qこそがいま現時点で最高の“ハイコンテクスト映画”だと思います。

もとから3部作(4部作?)の3部作目という、作品単体での鑑賞ではなく、続きものというコンテクストを踏まえたうえで鑑賞が求められる上に、一度完結した作品を焼き直した作品という歴史的経緯も加わり、もうこのQという作品はそれ単体での言及なり考察なり感想は考えられないんじゃないでしょうか。

さらに、マーケティング上の観点から見ても非常に上手い戦略だと思います。

各自がQに対する思いを勝手に吐露してくれることによって、文字通り幸せな形でQという作品がバズり、ますます観てない人間は映画館に足を運び、興行面での収益が増大される。

僕もこのように制作サイドの策略に載せられて、こうして思うところを綴り、せっせと宣伝に貢献している次第です。

と、ここまで読んでくださってお分かりのとおり、いろいろ語りたくなるうっとおしい頭でっかちを量産してしまう作品です。

いろいろ他にも思うところはあるのですが、Youtubeやテレビでも公開された冒頭約7分の降下シーンは、映画館で見ると、もう圧倒的な迫力とテンションが胸に迫って来て、なんだかよくわからないけど感動で涙が出てしまいました。

だからたとえ残りの100分がずっと???だったとして僕は満足しています。


おわり。

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心