スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都嵐山は清滝にホタルを見に行くついでに愛宕山の廃墟を見てきたらまんまラピュタだった

「京都市内でホタルを見るなら?」という質問があるとすると、
たいていは哲学の道か大原という答えが返ってくると思う。

そんななかで「清滝に一択」というアンサーは
京都市民からするとなかなかやるやんという認識になるはず、と勝手妄想。

6月も終わりに近づき、ホタルは今が見頃。
ということで、嵐山は清滝に学生の時以来、ほぼ10年ぶりにホタルを見に行くことに。

清滝のホタルについて念のため下調べをしていると、
なにやら清滝の愛宕山におもしろスポットがあることが判明。

ホタルのついで程度と思って行ってきたら、ここがまあスゴイところで、マジ衝撃。
例えるならば、まんまあの「ラピュタ」?!
まずは南方から阪急に乗って嵐山を目指します。それにしても阪急久しぶり。
IMG_6213.jpg

桂で嵐山線に乗り換え。太秦住んでたころは大阪に繰り出すのにこの逆パターンばっかでした。
IMG_6214.jpg

久しぶりに乗った嵐山線は新型車両に変わってて、みょうに通路が広くてゴージャスさ満点。やっぱ阪急ええわ。
IMG_6216.jpg

嵐山の駅名表示は看板も雰囲気アリアリ。
IMG_6217.jpg

ゴミ箱もおもいっきり観光地仕様ですわ。
IMG_6218.jpg

ベンチもこれまたここでしか見たことないデザイン。
IMG_6219.jpg

駅前がえらいキレイに変わっててビックリ。いつのまにこんなにキレイになったの?!
IMG_6221.jpg

前日までの大雨で桂川も激流に。
IMG_6225.jpg

バスの時間が微妙だったので、コンビニで適当に買って渡月橋前の河原で軽く昼メシ。
IMG_6230.jpg

人力車の呼び込みは以前と全く変わらず。一度バイトしてみたい。
IMG_6233.jpg

歩いても行ける距離だけど、今回はバスで清滝に。本数少ない・・・
IMG_6222.jpg

清滝トンネル前はいつも不穏。信号は赤がデフォルトで、信号青のまま直進すると***という噂を昔聞きました。
IMG_6235.jpg

トンネル内もまんま世にも奇妙な物語です。
IMG_6237.jpg

嵐山から大覚寺に寄ったりして、だいたい20分ほどで終点の清滝に到着。200円なり。
IMG_6240.jpg

らしいです。
IMG_6241.jpg

帰りのバスの時刻を忘れずにチェック。
IMG_6242.jpg

清滝の集落に入ってくるとホンマにここ京都市内?!っていう気にいつもなります。東北かどこかの秘境の雰囲気。
IMG_6245.jpg

夜、ホタルが舞い乱れるであろう昼間の清滝川。
IMG_6246.jpg

おそらく最後の給水の自販機でポカリを調達し
IMG_6248.jpg

愛宕山の表参道という名の登山道に入ります。
IMG_6249.jpg

山頂までは4.2Km。
IMG_6250.jpg

ワタクシ、伊勢は1回、熊野へは2回、愛宕さんは今回が初体験です。
IMG_6251.jpg

警告。
IMG_6252.jpg

またまた警告。
IMG_6253.jpg

ご丁寧に山頂まで100mおきにこの案内が続いてました。
IMG_6254.jpg

登り始めてすぐに右手に現れたのが、かつての愛宕山ケーブルカーのケーブル敷設跡。
IMG_6256.jpg

このお助け水ポイントが途中に何箇所かあると思ってたら、登山口のここだけでした。
IMG_6258.jpg

トレッキング中にすれ違う人はほぼ100%「こんにちわ~」と挨拶。そして限りなく100%に近い確率でCWXを着用。
IMG_6257.jpg

タオルは1枚。しかもなめた格好でやってきてちょっと後悔。
IMG_6264.jpg

とちゅう3箇所ほどこういう東屋の休憩ポイントがありました。
IMG_6265.jpg

ウンウン。新田次郎って書きたくなるその気持わかるよ。
IMG_6266.jpg

なだらかな道が少なくほぼずっと坂道です。
IMG_6267.jpg

ちょいちょいナイスなビューポイントが現れるのが一服の清涼剤。
IMG_6279.jpg

ここの分岐点を越えるとゴールは間近。帰りは保津峡側にも行きたかったけど、今回はあくまで清滝がメインなので次回にパス。
IMG_6281.jpg

やっと山門に到着。
IMG_6284.jpg

お疲れ様です。ありがとうございました。
IMG_6286.jpg

なかなか辛辣ですね。ごもっとも。
IMG_6287.jpg

ボッカでトレーニングっていつの時代!
IMG_6292.jpg

愛宕神社の境内はこんな感じ。
IMG_6291.jpg

まだ登らせますか。
IMG_6295.jpg

やたらと猪さんがフィーチャーされてました。
IMG_6299.jpg

このレリーフもステキ☆
IMG_6300.jpg

嘉永元年っていうとなかなかけっこう古いんじゃないでしょうか。
IMG_6301.jpg

恥ずかしながら愛宕神社の御利益が防火ということを初めて知りました。火事をおこしたことのある実家用には大枚を叩き、自分ち用には安い御札を購入。
IMG_6302.jpg

足元を見すぎだと思います。
IMG_6303.jpg

この休憩所のなかはまんま登山用の山小屋のノリでした。
IMG_6307.jpg

山をおります。
IMG_6308.jpg

ほんと、この日は天気にめぐまれてました。
IMG_6309.jpg

ここで今回の隠れた目的地を目指します。愛宕神社の方にそれとなく教えてもらった情報を頼りに、たぶんここだろうとあたりをつけ、けもの道に分け入ります。


15分ほど歩いて
IMG_6313.jpg

出てこなかったら
IMG_6315.jpg

間違ってるはず。
という愛宕神社の方の案内どおり、けもの道を山の稜線に沿ってぐるっとまわった結果、元の道に戻ってしまいました。
IMG_6310.jpg

気を取り直して、もう少し下るとありました!
IMG_6317.jpg

このいかにもそれらしいボーイスカウトちっくな置き石。みなさん、これが目印です。
IMG_6318.jpg

しばらくけもの道を進むと・・・
IMG_6322.jpg

ついに到着。何も言わずにとりあえずこれを見てください。


愛宕山鉄道の愛宕駅跡。ここを訪れるのが今回の隠れ目的でした。
IMG_6345.jpg

終戦間際の1944年に放擲され、朽ちるにまかせて約70年。
IMG_6347.jpg

いわゆる廃墟を訪れるのは今回が初めてですけど、ハマる人の気持ちが分かりました。
IMG_6343.jpg

うつくしい・・・・
IMG_6349.jpg

1階から2階にあがってすぐ目に飛び込んでくる光景がコレ。
IMG_6341.jpg

こんなときはiPhoneじゃなくちゃんとしたカメラが欲しくなってしまう。
IMG_6339.jpg

かつては山の下からケーブルカーでここを登ってきたのかと思うと感慨深いです。
IMG_6351.jpg

天井が70年の歳月で鍾乳洞に。
IMG_6336.jpg

かなりの枚数写真を撮ってしまいました。
IMG_6329.jpg

このままあと100年ぐらい持ってもらいたいものです。
IMG_6348.jpg

さっきの駅舎跡がラピュタだとしたら、ここはマチュピチュ。駅舎跡からもう少し山を登ると現れます。
IMG_6362.jpg

こっちはだいぶ崩壊が進み
IMG_6367.jpg

残っているのは建物の基礎が中心。
IMG_6368.jpg

すべては腐海に帰るのです。
IMG_6364.jpg

日もだいぶ暮れて来たので廃墟エリアを出て山を下ります。あのままいるときっとブレアウィッチプロジェクト状態でした。
IMG_6373.jpg

これ、ひのようじんって読むんだ・・・ず~っと「カセイヨウシン」て読んでたわ・・・
IMG_6376.jpg

日没までちょっと時間があったので
IMG_6381.jpg

唯一空いていた売店でビールを買って、登山による渇きを癒します。
IMG_6380.jpg

さあ、いよいよ日没です。
IMG_6387.jpg

あたりが暗くなって・・・・
IMG_6391.jpg

待つこと数分・・・・
IMG_6394.jpg

出てきました!分かるかな?!
IMG_6395.jpg


iPhoneではこれが限界みたい。

本当は文字通り「乱舞」というぐらい川の両岸にゲンジボタルが舞っていました。
考えてみたらちゃんとホタルが飛んでるのを見るのって子供の頃以来かも。

恋人はホタルが飛んでるのを見るのは生まれて初めてだったみたいでいたく感動してました。

名残惜しいですが、バスの最終が近づいてきたので清滝をあとに。

夜の嵐山駅は昼間と違った風情があってこれまたステキでした。
IMG_6406.jpg

うちに帰ってきて御札を貼って長い一日が終了。
IMG_6417.jpg


清滝、マジおすすめです。

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。