ソーシャルレンディング

前々から気になっていたP2P金融とも呼ばれる
ソーシャルレンディング。

2年ぐらい前にワールドビジネスサテライトで
アメリカのプロスパーが紹介されていたときは
「アメリカ、スゲーっ!」て思ったけど、
いつのまにか日本でも同じようなサービスが
始まってたんですね。

ソーシャルレンディング maneo

早速、ユーザー登録をしてみた。

当たり前だけど、借りるほうの申請はやたら記入
項目が多くて面倒だった。

まあ、借りるつもりが無く単に興味本位で登録して
いるんだから面倒くさく感じるのは当然か。

借りる側の申請は面倒くさくなって断念。

貸す側に登録しようとすると、今度は

----------------------------------

私は、ボロワーから予定通りの元利金返済がなく、そのボロワーが債務不履行となるような場合には、残債権のサービサーに対する売却代金のみが、私への出資金の返還及び利益配当の分配原資となることを理解しているとともに、そのような場合には、私の投資元本が全く返還されないか、大きく毀損する可能性があることを理解しています。私は、ボロワーに対する債権を出資金の返還に代えて受領することができないことを理解しています。

私は、借入を行ったボロワーは匿名であり、また、債権者としての権利は私には帰属せず、私にはボロワーを特定できるような個人情報を入手する権利がないことを理解しています。

私は、ボロワーが債務不履行となるような場合にも、私には貸主としてボロワーに対する取立行為やボロワーの資産に対する差押えなどの法的手続きを行う権利がないことを理解しています。

----------------------------------

上記ような同意事項が立て続けに出てきて
リスク高すぎるな~っと思って断念。

冷やかしにオークション(お金を借りたい人が立てる情報)を
除いてみたけど、10月15日のオープンから
いまのところ立てられたオークションが19件って
少なすぎないか?

しかも現時点で入札に参加できるアクティブなオークションは
5件だけ。。。。


プロモーションに失敗したのか、ローンに対する文化的土壌の
違いか、日本ではソーシャルレンディングは難しいんだろうか。

いたるところに消費者金融の端末があるし、たしかに
わざわざ見ず知らずの人に借りるメリットがよく分からない。

まあ、いま現時点で私自身に金を借りる必要性が
全くないからよくわからないのかもしれない。

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心