スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITの進歩ってスゴイね。一般ランナーでもマラソンコースのどこを走っているか分かっちゃうんだね

一部ではもうすでに当たり前で、全然目新しくもなんともないことでも、身を持って体験しないと、技術の進歩ってのはなかなか実感できるものではない。

いくらそんなものは以前からあったという指摘があったとしても、本人にとってはその利便性を体験したその日まで、その技術は存在していなかったにも等しい。

ぼくにとって、昨日の大阪マラソンはそういうことを思い起こさせるのに十分な出来事だった。

IMG_1582.jpg
昨日、東京在住の友人がわざわざ大阪マラソンに参加するというので、一日かけて応援に行ってきた。

その友人と前日に酒を飲みながら、「9時に大阪城を出た後はどこで応援したらいいだろう?」なんてことを話していると、こういうサイトがあるからどこを走っているかすぐに分かるというではないか。

大阪マラソン公式 ランナーズ・アイ
http://www.moviecloud.jp/osaka2013/

検索ボックスにゼッケン番号か氏名を入れると、たちまち本人がどこの地点をいつ通過したのかが分かる仕組みになっている。

たとえば、1位でゴールしたこの選手とかは、こんな風に表示される。
http://www.moviecloud.jp/osaka2013/result.php?pid=00003

上の画面はすでに走り終わったあとの画面なので、実際のタイムが表示されているが、走行中は、各5km地点通過時のタイムをもとに、次の地点以降の予想タイムが表示されていた。

runtime.png
やっぱ1位にもなるとキロ3分ペースなんですね。ヤバイね、しかし。



実際の使い方としては


「10km地点はもう通過していてタイムは、00:30:55となっているな」

「15km地点はまだ通過していない」

「15km地点の予想タイムは00:45:00、20km地点の予想タイムは00:60:00か」

「ということは、9時45分までに15km地点と20km地点の間の御堂筋で待っていれば、応援できるはず!」


という風に使う。(はず)


しかもこのサイト、フィニッシュの瞬間も含めて要所要所で自分の姿をビデオに撮ってくれているのでカメラマンいらずだ。

さらに、各ランナーのページ毎に応援メッセージ的な掲示板機能も組み込まれているという至れり尽くせりの仕様になっている。

ランナーを見ていると、やたらとスマホをチェックしているランナーがいたけど、みんなこれを見ていたのだろうか。ガチのランナーじゃない人にはうれしい機能だと思う。

会場まで応援に行けなくてもこれで声援を送ることが出来る。

seien.png
ゼッケン番号をランダムに入力してたらたまたま見つけた声援メッセージ。おじいちゃんスゴイっす



ぼくはこのサイトで友達の画面をスマホで逐一チェックしてどこを走っているかを確認した。おかけで、難波と、住之江公園と、ゴール会場近くで、友達を応援することができた。


仕組みとしては、ICタグかなんかがゼッケンに埋められていてそれを各5km地点でセンサーが読み取って、それをWebと連携させているのだろう。

ここまではそんなに技術的に目新しくないのかもしれない。

けれども、こうやって参加者全員3万人というレベルで、ストレスなく簡単に使えて、応援機能やらビデオサービスというランナーが喜びそうな機能までインテグレーションされてることに感動した。

こんだけいいサービスなんだからお金取ってもいいんじゃないのかな?

ま、出場料に1万円も払っているのだからタダで提供して当たり前か。

(ちょっとネットを検索してみると、東京マラソンでも同じようなサービスが以前からあるようですね。似たようなことができるAndroidアプリもあるみたい)

以上、個人的に久しぶりになんちゃってじゃない、「IT」の素晴らしさを意識させられる出来事だったのでブログに書きました。


大阪マラソンも初めてだったけど、いいですね。

応援しているだけでも、あんなに楽しい気持ちになれるイベントだったなんて知りませんでした。

次回は絶対に、絶対に、当てたいと思います。
(とりあえず申込みを忘れないようにGoogleカレンダーの来年の4月のスケジュールに予定を入れておいた)

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。