スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜の一人飯はメキシコ風チキンのトマト炒めに豆を添えて

昨夜は恋人が実家に帰っていたため久しぶりに夜は一人だった。

こういう時の晩ご飯は外で食べて帰るという選択肢もあるけど、こういう時こそ、僕は自分の食べたい味付けを追求した料理を作ることにしている。

恋人は偏食というわけではないけど、料理の好みの幅が狭いため、なかなか新しい味や料理を受け入れてくれないのだ。

というわけで、昨夜は、最近自分の舌の上でブームになっているメキシカン風な味付けを試してみることにした。

作ったのはこれ、メキシコ風チキンのトマト炒めに豆を添えたもの。

IMG_0991.jpg


こういうメキシコ料理があるのかどうかは知らない。たぶん無いと思う。僕の思うメキシコ料理の味付けと食材を勝手にイメージして、ありあわせのものでつくった料理だから。
材料は、ちょっと前に輸入食材店で買った豆の缶詰(豆が好きなんです)と

IMG_0977.jpg

鶏もも肉の切り身150グラムぐらいと

IMG_0982.jpg

買って一週間放置していい感じにジュクジュクに熟れたトマト

IMG_0981.jpg


これを入れるとどんな料理もメキシカンに早変わりする魔法のスパイスのチリパウダー。

IMG_0978.jpg

前回タコライスを作ってから色々とメキシコ料理について調べたところ、メキシコ料理によく使うスパイスを予めミックスしてあるこのチリパウダーがメキシコ料理のポイントになっていることがわかった。

カレーでいうところのカレー粉やガラムマサラみたいなもんと思ったらいいようだ。

材料はこの他に、あとはニンニクと油と塩、コショウぐらい。



では、これから実際に作っていこう。


まず、ニンニクをみじん切りにし、フライパンの上でオリーブオイルで弱火でじっくり温める。

IMG_0983.jpg

ニンニクに焦げ目がついてきたら、予め小さくしておいた鶏もも肉を投入する。
塩コショウを少々して、中火で鶏肉に火を通す。

IMG_0984.jpg

鶏肉を火にかけている間に、トマトをザク切りしておきましょう。

IMG_0986.jpg

ある程度、鶏もも肉に火が通ったら

IMG_0985.jpg

ザク切りにしておいたトマトをフライパンに入れて、鶏もも肉と一緒にいためる。

IMG_0987.jpg

ここでチリパウダーの登場。チリパウダーをガシガシとケチらずにふりかける。この時はだいたい大さじ1.5ぐらいは入れただろうか。このチリパウダーの投入量で、メキシコ感が変わるので、ここの量はこだわりたいところ。

IMG_0988.jpg

チリパウダーを入れたあとは、トマトがいい感じに煮崩れるまでいためて、最後は塩で味を調整して完成。

皿にあけて電子レンジで別途温めていた豆をつけあわせにして、もりつけます。

IMG_0990.jpg

ドリンクは本当はコロナがあったら言うこと無いのですが、ないので今回はハイボールをあわせました。

IMG_0995.jpg

ちなみにこのグラス、魔法瓶で有名なサーモスのタンブラーでして、今年の猛暑に非常に役立った優れものです。



魔法瓶がそのままタンブラーになったぐらいに、飲み物の冷たさを長時間キープしてくれます。いまの時期、ビールをグラスにあけるとすぐにぬるくなってしまうけども、このタンブラーなら平気で1時間は冷たいままを維持してくれる(そもそもそんなにビールを放置しないか)。氷なんか数時間は溶けないのでカクテルやハイボールにうってつけ。

お求めなら最近、品薄のようなのでお早めに。


はなしがそれた。


なんちゃってなノリでつくったこの料理。自分で言うのも恥ずかしいけど、マジ美味かったです。ガツガツ食って
あっというまにペロリと完食しちゃった。

IMG_0996.jpg

米とあわせるかどうか迷ったけど、豆で正解だった。豆がいい感じに肉汁と油を吸ってくれて、最後はグレービーソースがかかったような豆も堪能できた。

メキシコ好きはぜひこのなんちゃってメキシカンを試してほしい。調理時間は15分ほどだったかな?とても簡単です。



今日は、いよいよ来週月曜に本番が迫ってきた仕事のセミナーの予行演習を行った。パネルディスカッションを行う3社で実際に最初から最後まで通しでやってみたのは今回が実は初めてだった。結果、70分の持ち時間に対して15分オーバーしていることがわかり、急遽内容のスリム化をはかった。

その後、客観的な意見をもらうべく二人の人間(勤務先の会社の上長と社長)に見てもらいながら再度通しで予行演習を行ったところ、話し方についても色々と新たな課題が出てきた。

・残りの二社と比べて熱が入りすぎて、テンションが違いすぎる
・色んな人が来るので、その話し方だと、上から目線になる恐れがある
・要所に要所にもっと具体的な数値を出した方が話がしまる

たしかに・・・。

自社以外の残りの2社のパートに対しても客観的な意見が出てきたけれども、ここは自社の事例じゃないところなので、どこまで突っ込んでいいのか悩ましいところのようだった。

ここらへんがいつもの単独セミナーと違って一緒に話す他社とのバランスという観点が必要でなかなか難しい。

残りあと数日。本番に向けて最終調整とブラッシュアップをはかりたい。

それにしても、テンション高かったかぁ・・・。

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。