君は仕事で使うA4用紙に気を配ったことがあるか?

左側の紙が勤務先で使用している印刷用のA4用紙。右側の紙はどこかからもらった提案書の用紙。

比べると若干、左側の用紙が黄みがかっており、右側は若干青っぽいですよね。

これ、黄みがかっているほうは、再生紙だかららしいですね。今日初めて知りましたわ。

paper.jpg

これ、黄みがかっているほうは、再生紙だかららしいですね。今日初めて知りましたわ。

ずっとなんか他社からもらう紙はなんか青っぽいなと思ってたんですが、別に青っぽいわけではなく、自分とこの紙がただたんに黄みがかってたから青っぽく見えてただけなんですね。

他社からもらう紙が青っぽいのは、会社によってA4用紙の趣味が違うんだろうなぐらいにしか思ってませんでした。むしろ、僕はこの青っぽい紙がなんかケミカルっぽくて嘘くさい印象を受けるから、こっちのほうがどちらかというと安い紙なんだと思ってたぐらいです。

まあ、一言で言うと、気にしてませんでしたになるわけですが、紙質の違いに積極的な意味を見出したことはありませんでした。

「必要部数印刷してもええけど、うちの紙、再生紙で黄色っぽいからなぁ・・・」

今日仕事中にひょんなことから印刷の話になりこの事実を知りました。

周りの人間に聞くと、みなこの事実(色の違い)を認識していたみたいです。ああ、知らなかった自分が恥ずかしい・・・。

これぐらいの紙の色合いの違いが提案内容に大きく左右することはないと思います。いや、思いたい。

超ドメスティックでレガシーな大企業ならば、なんだこの提案書は再生紙に印刷してるじゃないか!みたいなのが普通にアリそう・・・そういう思考回路の人にこれまで会ってきたことがあるので、なんとも言えない。

いずれにしろ、そういう事実を知らなかった自分に反省です。

提案書の綴じ方を製本テープを使ったり、製本用のバインダーに挟んだりして気を配るのと同じように、次からは紙質にも気を配りたいと思います。

とは言っても、相手と状況に応じてですが。

まったく。

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心