スポーツ観戦に興味が持てないというはなし

ちょっと前に、サウナでテレビのチャンネル争いをした話を書いた。プロ野球以外を見たかった僕と、プロ野球を見たかったオジサンさん達との戦いだ。

それでお分かりいただけると思うが、僕はプロ野球というものに、全く興味が持てない。プロ野球だけじゃなく、スポーツ観戦全般に興味ナッシングなのだ。もちろん、サッカーもだ。

020.jpg
昔っから、他人がやっているスポーツを見て何が面白いんだろう?という疑問を抱えて生きてきた。(スポーツをやるのは好きです。ちなみに)

最近ではあまり聞かれることもないが、「どこ出身?」「血液型は何型?」と同じぐらいのレベルで初対面の人から聞かれる当たり障りの無い質問に「どこのプロ野球チームのファン?」というのがかつてはあった。

これを聞かれる度に「どこのファンでもねぇよ!!」っと心の中で即答しながら、「あ、野球見ないんで」と紳士的に答えていた。


学生時代の頃は、友達と集まっている時に話題がプロ野球の話になると、まるで居留守を使うように一人、場を離れて耳を閉じていた。

厳密に言うと試合の結果は人並みに興味はある。また、選手自体にフォーカスをあてたドキュメンタリーや物語なんかはどちらかと言うと好きかもしれない。いっぽう、ただたんに試合を見る、つまり観戦は退屈で退屈でしょうがない。

僕みたいにスポーツ観戦に興味がないという人は今ではけっこう増えていると思うが、スポーツ観戦、なかでもプロ野球に興味がないという人間、しかも男子であればちょっと前まではあればかなり異端なことだったんじゃないだろうか。

僕の父親も、ナイター中継がある日は必ずテレビで野球を見ていた。僕は子供心に「ホント、野球の何が面白いんだろう」と思いながらその姿を見ていた。

僕はプロ野球に対して子供の頃からこんなだったんで、父親が話しているプロ野球の話にも全然興味を持てなかった。父親がブツブツと新聞を読みながら、前日の試合結果について話していても、その話題に入っていった記憶がない。

たしか中学生ぐらいだったと思う。もう話の前後は忘れてしまったが、ある時、父親から今でも忘れられないことを言われた。


「なんで、おまえは野球みいひんのや!!」


もの凄く激昂して、いままで貯めていた感情を出すような言いかただった。

言われたほうの僕は「あ、もしかして、俺、いまものすごい理不尽なことで怒られてる?」と思いながら「知らんがな!!」とやり返したのを覚えている。

いま思えば、父親は僕とプロ野球についてああだこうだと話がしたかったんだと思う。

しかしながら、それ以来、僕はますますもってプロ野球、スポーツ観戦というものに興味を持てなくなってしまった。

日本全国探しても、野球を見ないことで怒られた子供はいないんじゃないだろうか。


まあ、そんな父親ですが、僕は大好きです。

まったく。

コメント

私もスポーツに興味がありません。
子供のころは、野球をやっており、やるのも見るのも好きでした。特に高校野球が好きでした。なぜなら、ひたむきに、勝敗など関係なく頑張っていたから。

ところが、この頃は違います。野球選手サッカー選手を問わず、黒髪を茶色や灰色に染めて、タレントと区別のつかない者が多くなりました。
また、政治や国歌と関連付けられて、「勝てなければ意味がない」「スポーツは愛国的でなければいけない」というような風潮になり、とても不安で不愉快です。

サッカーの試合で「Japanese only」などという、ふざけた横断幕を掲げる連中はもはや、スポーツを観戦する資格すらないと思います。道頓堀に飛び込む頭の軽い阪神ファンのほうが、まだ平和的です。
非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心