スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史がどうのこうの言うのってほんっとナンセンスだと思うのよね

結局、歴史的事実なんか当事者じゃない限りわからないわけでしょ。

僕は歴史っていうのはフィクション、物語としてしか受け止めちゃだめだと思うんですよね。

歴史を科学の実験結果みたいに唯一無二の確固たる一つのものみたいにとらえるのは危ないと思うし、歴史っていうものを課題評価しすぎていると思う。

だっていまからたかだか70年や60年ぐらい前のことだって、各々の解釈や評価は別として、事実ベースの話の歴史としてもあやふやなわけですよね。

もちろん一人一人の人間、本人しかわからないことは一つの事実しかないわけですよ。そこはやはり大事にしなくちゃいけないわけだけど、それはやはり一人の人間としての事実なわけで。

たとえばいま歴史学会というか、あるところでは聖徳太子は実在していなかったみたいなことがうんぬんされたりしてるわけですよね。

ある日までは当たり前だったことが、後出しジャンケンみたいに、あれはウソでした間違ってました、みたいなことになってるわけでしょ。

恐竜の存在だって僕達は化石から恐竜というものがかつて存在したというふうに受け入れているわけですけど、これだってこれから先もしかしてどこかの段階で、いや、アレは宇宙人が地球人をひっかけるためにやった壮大なイタズラでした、っていうオチがこれから先の未来で判明するかもしれないわけでしょ。

つまり、なにが言いたいかって言うとですね、歴史なんてものはいいかげんだっていうこと。いまは当然のことと受け入れてる歴史的事実ってやつがある日突然、間違ってました、今日からはこれが正解ですっていうふうに、それまでの何十年、何百年の教育はなんだったの?って呆れるちゃうぐらいに簡単に覆される可能性を持っているっていうこと。逆に言うとそれぐらいの確かさしか持ち合わせてないわけよ。

だから社会なり教育なり学問なり政府なりの立場で話される歴史ってものは信用できないし、話半分で聞くぐらいでいいと思うんですよ。話半分というか、話そのもの、おはなし、物語として受け入れてちょうどいいぐらいだと思うですよ。

だからもちろん国益がうんぬんとか、プライドがどうのこうのとかあると思うけど、そこまで青筋立てて反論するのものどうかと思うですよね。

結局自分自身という一人の生身の人間の歴史に自信が持てない人が、自分以外の物語にすがっちゃっているという情けない構図が、洋の東西、今昔問わずあるのでしょうけど、それが問題なんですよね。もっと自信持ちましょうよ。

自信がない、自分の物語がない、だからっていって“我々”の物語に安易にすがりなさんなよ、と言いたい。

っていうわけで、歴史がどうのこうの言うのってほんっとにナンセンスだと思うのよね

Patriotism is the last shelter of the scoundrel.
Samuel Johnson
(愛国心は卑怯者の最後の隠れ家
サミュエル・ジョンソン)


2013年6月20日 居酒屋ハイビスカスにてKEN5談

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。