一人で焼肉屋に行くのをちゅうちょしている人に僕が一人で焼肉屋に行くのをおすすめする理由

こないだちょっとうれしいことというか、一人祝杯をあげたいときがあったので、一人で焼肉屋に入って肉をつついた。

この話を同僚や友達なんかにすると、「よく一人で焼肉屋に行けるね」「さみしくないの?」と驚かれた。

たしかに一人で焼肉を焼いている人を見ることはあまりないし、一般的ではないかもしれないが、僕のなかでは全然アリな行動だ。

63186_10151635990210120_209882876_n.jpg
今年に入ってからも、焼肉屋に月2回ぐらいは行ってると思うけど、そのうち半分ぐらいは一人で行った。

一人焼肉のなにがいいかというと、肉の奪い合いをすることもなく、自分のペースで誰にも遠慮することなく食べられることにつきる。

スマホをいじりながらでもいいし、本を読みながらカルビを食べるということもアリだ。

こないだ行ったときなんか、Macを取り出してメールチェックしながらホルモンを焼いていた。

一人焼肉の難点を上げるとすると、料理を頼み過ぎてしまうといことかな。

二人以上で行った場合は、頼んだものをみんなでシェアして食べることになるけど、一人だと食べきれない量がテーブルに並ぶことになる。

こないだも、生ビール、カルビ、ロース、キムチ盛り合わせ、ホルモン5種盛り、タン塩、野菜スープ、冷麺と、あれも食べたいこれも食べたいも頼んだ結果、最後はお腹がはちきれそうになってしまった(酔うと余計にあまり考えずに頼んでしまう)

頼み過ぎにだけ注意すれば、一人焼肉はとてもいいものだ。


さみしくないのかって?

ラーメン屋に一人で行ってもさみしくないのと同じように、そんなことではこれっぽっちも思わない。

もちろん、誰かと行けばもちろんそれはそれで楽しいし、一人で行けばまた違った楽しみがあるということです。


あ〜、こんなこと書いていると肉汁をすすりたくなってきた。

明日あたり、プールで泳いだあとにまた行こうからしら。

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心