スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一手間の効果。義理チョコをもらって気づいたこと。

昨日はバレンタインデーでした。

今年も職場のみなさんから、たくさんのチョコレートをいただくことができました。ありがとうございます。

全て、職場、仕事関係のみなさんからのチョコレートなので、いわゆる義理チョコです。

関係の近い人からのものもあれば、あまり仕事でも絡むことが少ない方からのチョコもありました。

チョコの種類も、簡素なものから、高そうなものまで、様々でした。

もらいものをケチにを付けるわけではないですが、今日は、この義理チョコについて気づいたことがあるので書きたいと思います。
 
チョコレートをもらうとうれしい。

たとえそれが義理チョコでも、ああ、僕のことをきにかけてくれているんだな、と自分の存在を認めてもらえた気になる。

別に中高生じゃないんだから、モテてるとかは気にならない。

もらったほうの気持ちとしては、まずもらえたことでとてもうれしいのだ。
いやっほう!もらえたぜい!となる。

正直チョコレートのグレードはどうでもいいと言える。

そりゃあ、高いお金を出して美味しいチョコレートを選んでくれた気持ちには感謝するが、バレンタインデーというイベントでは「チョコレートの味」は二の次。

実はもらったほうの人間の記憶には、あまりチョコレートのこと自体は記憶に残らない。

今までもらってきた義理チョコで記憶に残っているものをピックアップすると、そこに一つの共通点がある。

たとえばそれは、似顔絵だったり、手紙だったり、メッセージカードだったりする。

そう、一手間の工夫がそこにはある。もっと言うと、もらう人間のことに触れた工夫だ。

極論を言うと、何千円もするショコラティエのオリジナルチョコレートとメッセージ付きのチロルチョコだったら、後者のほうが僕はもらってうれしい。
(こういうアンケートやったら、8割がメッセージ付きを喜ぶ、という結果が出ると思うんだけど、どこかでやってないかな?)

義理チョコを贈るという習慣のテーマというか目的は何だろうか?

それは普段お世話になっている人への感謝の気持ち、あるいは仲のいい友人・知人関係の関係性の確認など、何がしかポジティブな気持ちを相手に届けることだと思う。

義理チョコは気持ちを届けるというイベントなのだ。

そうであるならば、チョコレートの種類や値段に悩んでお金と労力をかけるよりも、いかに相手に気持ちを届けるかということにパワーをかけるほうがよっぽどいいと思う。

繰り返しになるが、チョコレートをもらえたことだけで感謝の気持ちでいっぱいです。

けれども、もらったチョコレートを目の前にして、一つ一つ開封していくという作業を行なっていくと、そこにはチョコレートのグレードとはまた別の気持ちの動きがあるのです。

もらっておきながらケチをつけてるように思われるかもしれませんが、許してください。

コミュニーケーションやクリエイティビティに携わる人間として、見過ごせない気付きだったので書いてみました。

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。