「ボディコピー」の検索順位が何故か上位にランクイン

大丈夫かGoogleさん?!

今日、久しぶりにのAnalyticsにログインして、このブログの1月のアクセスログをチェックしていたら目を疑うようなログを見つけてしまった。

AnalyticsはGoogleさんが提供しているだけあって、検索まわりのログ情報が充実している。普通のアクセス解析ツールでもどういうキーワードでアクセスしてきたか、いわゆる検索クエリの情報が見れるのはいまや当たり前だと思う。Google Analyticsが他と違うのは、どういうキーワードで入ってきたかだけではなく、このキーワードでの検索結果の表示回数とクリック数、さらにそのキーワードでの自分のサイトの検索順位まで見れてしまうんです。

それで見てみると、なんと、「ボディコピー」の順位が12位になってるじゃないですか!

google.png
Analyticsの検索クエリビュー


早速、Googleで「ボディコピー」を検索してみると、12位から13位に下降していたけど、たしかに2ページに表示されていました。
同じエンジンを使っているYahooでも検索してみると、こっちは何故か1ページ目の最後に表示されてるし!ということは10位か!

で、その肝心ページがこれ。

優れたキャッチコピーと優れたボディコピーがあった場合、僕は。


なぜこの程度の内容でここまで順位が上がっているのか全く分からん・・・・
このエントリーの被リンク数もチェックしたけど、0件だし・・・・

「ボディコピー」は一般的な言葉ではない(Adwordsのツールでみると月間検索ボリュームは700。キャッチコピーは9900)とは言え、それなりにある市場においては一般的な用語であることを思うと、僕のブログなんかがこの順位でいいんでしょうか?

Googleさんの気まぐれは仕事でも実感していたつもりだったけど、まさか自分のブログでこういうことを思う日が来るとは思ってもみませんでした。

そっち方面を増やしてみようかしらとちょっとスケベごごろが出てきています。

コメント

非公開コメント

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心