京都嵐山は清滝にホタルを見に行くついでに愛宕山の廃墟を見てきたらまんまラピュタだった

「京都市内でホタルを見るなら?」という質問があるとすると、
たいていは哲学の道か大原という答えが返ってくると思う。

そんななかで「清滝に一択」というアンサーは
京都市民からするとなかなかやるやんという認識になるはず、と勝手妄想。

6月も終わりに近づき、ホタルは今が見頃。
ということで、嵐山は清滝に学生の時以来、ほぼ10年ぶりにホタルを見に行くことに。

清滝のホタルについて念のため下調べをしていると、
なにやら清滝の愛宕山におもしろスポットがあることが判明。

ホタルのついで程度と思って行ってきたら、ここがまあスゴイところで、マジ衝撃。
例えるならば、まんまあの「ラピュタ」?!

続きを読む

LINE@

友達登録していただくとLINEでブログの更新情報をお届けします。


友だち追加数

 

最近の人気記事です

自己紹介です


34歳男子。ネザーランドドワーフと34歳女子と3人で同棲中。好きなモノは、タイ料理、カキピー(わさび味)、海外SF、ゾンビ映画、村上春樹、野宿、スパイ、自分。ブログは半径100メートル以内の出来事を忘れないようにメモっています。新卒で入ったB2B系広告会社の営業を皮切りに、Webライター、マーケッター見習い、Web広告屋、CRMマーケッターを経て、現在はダイレクトマーケティング・コンサルタントという肩書きのもと、とある通販コスメのECサイトを成功報酬モデルでプロデュース中。未知のビジネス課題をクライアントと一緒になって解決するお仕事が多いです。裏日本の豪雪、酷暑地帯出身。手先器用、口先不器用。新大阪在住。

好きな言葉です

・チャンスは不可能の顔をして通り過ぎる
・The world is mine.
・好奇心